◆錦鯉 入荷シリーズ

錦鯉入荷part5 瓜二つ【写り物】と【べっ甲】はココが違った!えっ?化ける鯉がいる?

投稿日:2017年8月3日 更新日:

白写り(しろうつり)

昭和三色(しょうわさんしょく)から赤色を取った品種が『白写り』です。

【写り物】に分けられます。

錦鯉御三家(紅白、大正三色、昭和三色)に次ぐ人気の品種です。

 

以前紹介した『白べっ甲』とよく似ており、白と黒の濃淡が美しい鯉です。

墨がまだ身体の表面に出ておらず青く見える場所は『青地』と呼びます。

池などの上見も綺麗ですが、水槽では間近で『色』を鑑賞する事ができますね。

(↑白べっこう)

品種の違いとしては、

・胸鰭(むなびれ)の元・腹側・口先まで墨が入る。

・成長につれて【写り物】は墨の変化がはげしく、よりダイナミックに広がります。

この2点が【写り物】と【べっ甲】の外見的特徴です。

生産される過程もちがいます。

【写り物】←昭和三色系

【べっ甲】←大正三色系

 

 

緋写り(ひうつり)

昭和三色から白を抜いたものです。

【写り物】と呼ばれます。

他に『黄写り』もおりますが、目にする機会はほとんどありません。

 

『白写り』人気の影に隠れる存在です。

胸鰭、尾ビレが黒く染まり、腹側まで緋色が巻く個体は好まれます。

腹側が白くなり、赤が抜けてように見える個体は意外と多いです。

成長につれて色の変化を楽しめます。

 

(↑赤べっこう)

こちらも、赤べっ甲に似た品種です。

胸鰭(むなびれ)の元・腹側・口先まで墨が入り、黒勝ちになる傾向があります。

 

 

桜黄金(さくらおうごん)


『紅白』の【光り物】に分けられる品種です。プラチナ地に紅白模様がのっています。

赤色というよりは、黄色味が強い印象を持ち、しっかりと光を反射するような個体が好まれます。

魚のコンディションを整えることで輝きは増します。桜黄金にかかわらず、身体の艶がなくなるのは体調不良のサインにもなります。

菊水と配色は似ていますが、整った鱗(うろこ)をしており好みが分かれるところです。

(↑菊スイ)

 

 

松川化け(まつかわばけ)

【変わり鯉】に分けられる品種です。

生産数が少なく、品評会でこのカテゴリーに分けられます。

独特の墨の入り方をもち、水質や季節によって模様が変化します。まさに化ける鯉です。

上記の白写りや白べっ甲と違い決まった墨の入り方はありません。特殊な存在ですね。

些細な変化は飼い主でしか味わえない楽しみになります!

 

てすと1

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

-◆錦鯉 入荷シリーズ
-, ,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.