◆錦鯉 入荷シリーズ

錦鯉入荷シリーズ part4,ドイツプラチナ、ドイツ黄金、赤べっ甲、白べっ甲

投稿日:2017年7月20日 更新日:

池の掃除をするには気持ちの良い天気です。スッキリ透明になった水には新しい魚を入れたくなります!完成された図鑑写真ではありませんが、販売中のまだまだ小さな錦鯉写真とともにご紹介します。

 

ドイツ プラチナ

↑ドイツプラチナ

↑プラチナ(見比べ用として)

 

ただのホワイトではありません。光沢感のある持ち色が特徴です。

写真は身体に走る大判ウロコが好まれる個体。

上から見ても同様に背中にそって並ぶウロコが目を惹きます。

ウロコの具合は個体差でバラバラで、

普通のプラチナのように整ったウロコも好まれます。

対称的な黒い瞳も良いです!

 

 

 

ドイツ黄金(おうごん)

こちらも身体に並ぶ大判ウロコがポイントです。

黄金と名前がついても色彩に幅があります。

黄土色(おうどいろ)に近いものから、

明るい黄色や山吹色に近いものまでバリエーションがあります。

私も発注段階では確認せず、届いてからのお楽しみにしています。

明るい黄色のグラデーションになった個体ですね。

奥に写っているのは茶鯉になります。

似たような色をしていますが、

一緒に泳いでいると渋みがあります。

 

 

 

赤べっ甲(あかべっこう)

↑ちょび髭&銀鱗の個体

 

本来は顔に墨(すみ=黒色)が入りづらいのが特徴ですが、

分け隔てなく好きな個体が選べれていきます。

銀鱗(ぎんりん)という輝くウロコをもつ個体も混ざってきます。

自分の好みの探すのも鯉の魅力ですね。

赤色と黒色のメリハリが綺麗です。

『赤べっ甲』の他に『黄べっ甲』もいますが、私は見たことはありません。

 

 

 

白べっ甲(しろべっこう)

最初期の品種。錦鯉の歴史上で初期に現れたということです。

意図して作られた品種ではなく、

大正三色の副産物として多くが養殖されます。

いっけん白と黒のシンプルなカラーリングですが、

下地に隠れた墨に気がつくと魅力が倍増します。

今後、この墨はどのように変化していくのかを想像して

個体選びが楽しくなります。

墨は増えていく傾向があるため、

この時期は白勝ち(白が多い)の個体が好まれます。

濃淡の美。

 

てすと1

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

-◆錦鯉 入荷シリーズ
-,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.