◆水草について◆ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆水草レイアウトの人気中景草、活着も。アヌビアス バルテリー アングスチフォリア、カラディフォリア、グラブラ、斑入りなど。

投稿日:

◆水草レイアウトの人気中景草、活着も。アヌビアス  バルテリー アングスチフォリア、カラディフォリア、グラブラ、斑入りなど。

 

◆アヌビアス   アングスチフォリア

Anubias  barteri  var. angustifolia

葉形は細く、バルテリーとはまるで別種のようです。しっかりと濃い葉色も光を照り返し美しく、茎は赤味を帯びることも。葉は後に紹介するグラブラよりも細いです。

この細身の葉形は、有茎草との相性も良く、レイアウトにも用いられます。

流通量はそこそこで、近くのショップになければ通販で検索入手します。

 

 

 

◆アヌビアス   カラディフォリア

Anubias  barteri  var.  caladifolia

バルテリーの大型品種になります。葉幅が広く、分かりやすい違いとしては葉の基部がやじり型になることで、時間が経過するほど顕著となります。

原産地を合わせてクリナムやボルビティスなどと組み合わせると、レイアウトの雰囲気が高まります。赤茶色の底砂、石材も同様に相性が良いです。

流通量は少し少なめで、お近くのショップになければ通販で検索入手します。育てやすさはバルテリーに準じます。

 

 

 

◆アヌビアス   グラブラ

A nubias  barteri  var.  glabra

バルテリーの変種の中でもっとも分布域が広く、そのため形態の異変も大きい水草です。葉形は普通のAnナナに比べて細長くシャープで、細かなディテールはバリエーションが豊富です。

育てやすく、細葉でレイアウトにも重宝する水草栽培向きの品種です。

流通量はそこそこあり、『ミニマ』として流通することも。身近な店頭で見られなければ、通販を利用すると入手できます。

 

 

 

◆アヌビアス   グラブラ  班入り

A nubias  barteri  var.  glabra  Variegatus

別名アヌビアス   ミニマ  班入り

グラブラは分布域の広さから葉形に異変が多く、ワイルド便では一見すると同種とは思えないものも少なくありません。その為か、ファーム物でも様々な通称名で流通しています。その1つが『ミニマ』です。

活着も可能ですが、地植えで施肥した方が綺麗に育ちます。

流通量はそこそこあり、店頭で見当たらなければ、通販を利用すると良いです。

 

 

 

このほか、水草にご興味のある方はこちらもどうぞ。最新の水草情報が掲載されています。光量や二酸化炭素の量、低床の種類なども育成の参考になります。

 

 

てすと1

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

-◆水草について◆, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.