【知って得する】 アクアリウムの飼育知識 ◆熱帯魚について◆ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆熱帯魚の混泳4つのポイントとは。基礎的なネオンテトラから見る飼育バランス。

投稿日:

◆ネオンテトラと混泳出来る熱帯魚とは

混泳の基礎とも言える魚の1種がネオンテトラです。

うまくコツを抑えられれば、他のお魚にも応用出来ます。

4つのポイントを抑えて、混泳について考えてみました。

 

1.【大きさ】

↑Lサイズ ネンテトラ

『大きさ』はあなどれません。

同じ魚でも体格差は生まれます。

その結果、水槽の中での優位不利があらわれたりもします。

ネオンテトラは大人に成長しても4cmほどの小型の魚です。

そのため、混泳に合わせる魚も4cm前後に合わせることがポイントになります。

また、お店で販売される個体は幼く2cm前後なので、購入するネオンテトラの大きさに気を配ると良いでしょう。

↑Sサイズ ネオンテトラ

 

 

2.【エサのバランス】

販売されている熱帯魚フードであれば、混泳するほとんどの魚が一緒に食べてくれます。

この時に注意するのは、エサの種類ではなく『魚全体に行き渡っているか?』です。

性格的に威張っている個体がいると、どうしても食べ損ねてしまうような個体が出てしまいます。

数分観察すれば済むので、餌を投入した後に様子を見ておきましょう。

もし、食べあぐねる個体がいたら、

『エサの落とす場所を何箇所かに増やしてみる』

『浮上性・沈下性などエサのバリエーションを増やす』

などの対応策を取ると良いでしょう。

↑比較的よく沈みます。

 

↑ゆっくり沈みます。

 

意外と威張るのがモーリーの仲間です。

身体も6cm程と大きめになり、大食漢です。

混泳するときは注意しましょう。

↑ダルメシアン・モーリー

カラーバリエーション豊富で人気です。

 

↑バルーンタイプも見ていると、意外と威張る個体は多いです。

 

 

3.【水質の違い】

熱帯魚と一言に言っても世界中に分布しており、住んでいた環境もバラバラです。

つまり好きな水質もバラバラ。

といっても魚には順応性もあり、『飼育が難しい』というレッテルが貼られている魚種でなければ中性(PH7.0)付近に合わせておけば飼育可能です。

ネオンテトラの場合、大きさを合わせたけれど水質が合わないという魚は・・・

小型のレインボーフィッシュの仲間です。

弱酸性(PH6.5)付近を好むネオンテトラに対して、

弱アルカリ性(PH7.5)付近を好むのがレインボーフィッシュです。

避けておくと無難かもしれませんね。

↑ニューギニアレインボー。

独特ん容姿で人気が高い。

 

↑ネオンドワーフ・レインボー。

光の反射で美しく輝く

 

 

4.性格について

観察していると気づく方も多いのですが、『小競り合い』を行なう魚は意外と多いものです。

同じ群れで行動しているくせに、小競り合いを行なうんですね。

「天敵からはみんなで逃れたい。」

けれども、

「群れの中ではボスになってメスにモテたい」

という理由が妥当かと思います。

この『小競り合い』を混泳NGの基準にしてしまうと、大半の魚が『混泳NG』となってしますね。

むしろ『元気な証拠』くらいに見ておくと良いでしょう。


 

◆全ての魚に当てはまる混泳セオリー

『大きさ』『エサ』『水質』『性格』以上4つのポイントは、

全ての混泳に当てはまるセオリーであり、注意点です。

金魚やメダカも例外ではありません。

次回(近日中)は、ネオンテトラと混泳させる具体的な『魚種』をピックアップして紹介したいと思います。

水槽に来てもらう訳ですから、なるべくストレスの少ない環境を容易してあげましょう。

ではでは(^^)

てすと1

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

-【知って得する】 アクアリウムの飼育知識, ◆熱帯魚について◆, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.