日常管理の話

◆『メダカをもらったので、ビンで飼育したい』よくある5つの質問に回答。

投稿日:2017年7月31日 更新日:

1.水草がすぐに枯れてしまう。

『光と水温を見直して見ましょう。』

『ホテイ草』は丈夫さと繁殖力の強さが有名ですが、

強い光の当たらない室内ではあっけなく枯れます。

 

『金魚草』も暗すぎるところに置いてあると

腐ってしまいます。

室内でもしっかり明るい場所に置いてみましょう。

逆に、強く当たりすぎてしまい、

お湯のように煮だってしまうと

植物は溶けてしまいますのでNGです。

何事も適量が良いということです。

 

『水草の種類を変えてみる』のも解決策です。

『アヌビアス・ナナ』

『ミクロソリウム』

『ウイローモス』

という草は、光が弱くても育ちます。

流木アイテムなどワンポイントでディスプレイが創れます。

 

気軽に入れたい『水草付き流木』。丈夫で管理が楽な理由。

(以前、書いた記事です↑)

 

 

 

2.コケだらけになってしまう。

『エサの量と、水換えのペースを見直しましょう。』

量を最小限にすることで、

汚れ方を最小限にとどめられます。

水草だけをいれたボトリウムでは

ぜんぜんコケが少なくてすみます。

エサはコケの栄養にもなってしまうということです。

 

エサが5分も残っているのは多すぎです。

30秒ほどで、みんなが食べれているようならば

餓死してしまうことはありません。

 

水換えをすることで、

コケの栄養源を排出することができます。

とくに夏場は緑色になりやすいため、

回数を増やすことは効果があります。

1回で換える量も、

9割新しい水と交換してかまいません。

 

そのかわり、

新しい水は数十分~1時間ほど放置して

水温を同じに調整しておきます。

生体へのショックを防ぐためです。

 

 

 

3.水換えのペースは?

『1週間に1回を目安に!』

 

2週間も経つとコケがかなり目立つようになります。

光がよく当たるほど早く生えます。

エサの量もしかり。

 

汚れが溜まってしまうと、

生体も体調を崩しやすくなっています。

早めに行いましょう。

 

 

 

4.餌は何を与えれば良いのか?

シンプルにメダカ専用フードで、

食べやすい大きさを選びましょう。

 

「フレークタイプ」は大きなままでは、

食べるのに時間がかかり、

コケの元になってしまいます。

手で小さくすりつぶして与えましょう。

 

稚魚用の「コショウ」のような

小さな粒を大人メダカに与えるのも

食べづらく時間がかかってしまいます。

 

金魚用や熱帯魚用のエサも

メダカは食べますが専用フードを与えるのが1番です。

 

ごはんを欲しがるので、

ついついあげすぎでしまいますが、

水質悪化につながります。

なるべく早く口に入るようにします。

 

毎日のことなので、

塵も積もればなんとやらです。

 

給餌回数は1日に1~2回。

各1分程で食べきる量を与えると汚れづらいです。

 

 

 

 

5.タニシやヌマエビを一緒に飼えますか?

一緒に飼えます。

飼えますが、狭いビンでは生体が少ないほうが安全です。

一緒に飼えば、お掃除屋さんとして活躍してくれます。

 

メダカ同様に1匹1ℓで目安を持ちましょう。

高水温には弱いため注意します。

メダカも高い水温には耐えられるだけで、

好んではいません。

28℃以下をキープするよう心掛けます。

 

メダカのエサは浮上性が多く、

タニシやヌマエビまで、

エサが行き届かなことがあります。

沈むタイプのゴハンを与えると解決します。

食べているところを観察しましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン ひかり ヌマエビ 30g 関東当日便
価格:210円(税込、送料別) (2017/7/31時点)

 

◆『メダカをもらったので、ビンで飼育したい』ご要望にお答えしました。

まずは、『入れ物』選びです。 なるべく大きな器を選ぶと良いです。 水量が多いほど、水は安定し病気などのアクシデントを予防できます。   気に入った器が小さなときは、 入れる魚の数を少なくしま ...

続きを見る

 

楽しくなると、

ビンがどんどん増えてしまいそうですね。笑

ではでは(^^)

てすと1

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

-日常管理の話
-

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.