【知って得する】 アクアリウムの飼育知識 ◆グッズ・器材について◆ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆熱帯魚に照明は必要ですか?ライトは無くても、魚は死なない。付ける理由と選び方とは。

投稿日:

■熱帯魚に照明は必要ですか?無くても死なないが、付ける理由と選び方。

 

◆値段が高いから迷ってしまう・・・

アクアリウムの照明は、蛍光灯からLEDへと移行して、初期の本体購入価格は上がりました。

60cm水槽用で、およそ¥5000〜¥6000程となっております。

しかし、ランニングコストに目をやると、電気代はもちろん、蛍光灯の場合は交換球を2本交換する(およそ¥1000×2本)ことを考えると、1年も使えばLEDがお得です。

 

 

◆小型のラインナップも豊富です。

LEDの浸透により、小型照明もラインナップが豊富になりました。

以前よりも選べる種類も増え、デザインも気になるところですね。

クリップタイプなど、¥2000台から売られているので、気に入った物を探してみるとよいでしょう。

 

~ 一部ご紹介 ~

 


GEX クリアLED エコリオ スライド

30cm~40cmに調節できるタイプで、赤色も入っているのでお得感があります。

 


GEX クリアLED エコリオ アーム カラー

こちらも3色入ってお得な感じのクリップタイプ。

エコリオスライドの方が、明るい感じはあります。

 

 

クリアLED エコリオ アーム パワー

確かに明るいですが、魚や水草の色が薄くなったようにも見えます。

好みの問題もありますね。

 

◆球の色や数で値段も変わる

蛍光灯からLEDへと変わり、水槽を鑑賞した時の透明感も上がりました。

照明の多くは白色球と青色球がよく組み合わされており、水中がより綺麗に見えます。

やはり、照明があるのとないのでは、水槽の存在感がぜんぜん違います!!

同じような照明でも、商品ごとに球の数増やしたり、や白色青色+赤色が加わる事で、価格は上がる傾向があります。

赤色が加わる事で、金魚や、グッピー、ネオンテトラなどなど、体色に赤色を持つ魚は引き立ちます。

そして、水草の光合成にも役立つので、多少金額が上がっても納得。

そうそう買い替える物でもないので、良いものを選ぶ人は少なくありません。

 

熱帯魚をはじめ、金魚やメダカも、照明がなくても死んでしまう訳ではありません。

(水草には、光合成するのに必要です。)

照明を付けて、何が1番変わるかと言うと、『水槽の印象』が、とても綺麗に魚が見えます。

水槽を見るのが楽しくなりますよ!

ではでは!(^^)

てすと1

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

-【知って得する】 アクアリウムの飼育知識, ◆グッズ・器材について◆, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.