茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆稚魚や稚エビを吸わないように。スポンジ取り付けの注意点とは。

投稿日:

エビやメダカなど、水槽で簡単に増やせる生き物は人気があります。

初期の水槽セットで多いこちらのタイプのフィルター・・・

例として、テトラ社外掛けフィルターです。

(どのメーカーも吸い込み口の形は似ています。)

このままでは、生まれたての魚の稚魚は泳ぐ力が弱く、フィルターに吸われてしまうのをご存知でしょうか?

同様に小さいのは、エビの赤ちゃんです。

ミナミヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ、レッドビーシュリンプをはじめ、

多くのエビは繁殖を楽しめますが、フィルターが落とし穴になっていることがあります。

せっかくの稚魚・稚エビを、失いたくはありませんよね。

そんな時は、吸い込み口にスポンジを付けますが・・・

↑セットすると、こんな感じです。

 

 

◆選ぶ『スポンジ』に注意する

スポンジは思いのほか種類があります。

相性の悪いスポンジをつけると意味が無いことも。

まず、相性が悪い2パターンをご紹介します。

 

1.目が荒すぎる

↑こちらは、若干粗すぎてしまい、稚エビは侵入できてしまいます。

生まれたてのエビはそれほど小さいんですね。

むしろ良い隠れ家のような罠になっているのでは?

普通のゴミなどを引っ掛けるのには十分ですが、稚エビに対しては役不足です。

稚魚ならば、こちらでも問題はないでしょう。

 

 

2.目が細すぎる

↑目の細かすぎにも注意が必要です。

確かに、稚魚や稚エビは吸い込みませんが、水を吸い込むこともしにくくなるため、『流量』が落ちてしまいます。

『流量』とは「1分間に○○ℓの水を循環させていますよ」という数値であり、

この流量がしっかり流れていることにより、水槽のろ過が支えられています。

著しく流量が落ちてしまうと、水質悪化を招くので注意しましょう。

 

フィルターの水の出口をみて、

明らかに「さっきまで出ていた水の量より減ったな・・・」

と感じれば、危険です。

 

 

◆なければ作る

↑これくらいのスポンジがお勧めです。

荒目すぎず、細目すぎずちょうど良いです。

長い部分はカットしてしまい、上手く加工すれば殆どの外掛けフィルターに利用できます。

スポンジの穴が小さい時は・・・

カッターやハサミを使って、スポンジに切れ込みを入れましょう。

柔らかい素材なので、簡単に加工できて、吸い込み口にはめることができます。

同じメーカーで合わせなくとも、使用できるので手に入るスポンジで行うと良いでしょう。

 

 

◆掃除も忘れずに!

スポンジにゴミが詰まれば、やはり流量が落ちてしまいます。

定期的に外して、『クシュクシュ』と握って洗うようにしましょう。

ではでは(^^)

てすと1

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

-茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.