◆金魚について◆ ◇出目金 -デメキン- 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆更紗蝶尾(サラサチョウビ)色以外にも身体の特徴に目を向け飼育してみる。国産と外国産の違いを垣間見た

投稿日:2018年2月14日 更新日:

更紗蝶尾(サラサチョウビ)

写真の個体は外国産の更紗蝶尾です!

その中でも形の整った個体を撮影しました。

しかし入荷全体を見渡すと・・・

良くも悪くも、見比べると個性のある個体が混ざっています。

更紗は赤と白が綺麗な印象の品種ですが、国産・外国産の違いはそこではありません。

ではその色以外ではどのような違いがあるのでしょうか…?

 

 

出目金…じゃない??

実は1枚目の写真にも映っていましたが、

目の大きさが異なります。

…本来は出目金であるはずですが、バラつきが激しいですね。

もはや琉金顔の者から、中出目金⁇からデカ目の者までキャラクターがあります。

安定のクオリティは国産の方が上で、価格地も数百円レベルで高いです。

外国産のは個体差も激しく、見方を変えると「いろいろ混ざっていて面白い」ですね。

 

◆『尾鰭(おひれ)』にも違い

尾型(おがた)もそれぞれで、4枚羽に見える尾形(四ツ尾)なんですが、中央の尾鰭が近いため3枚羽な見える個体も…。

三ツ尾ではなく、極端に近い四ツ尾という感じです。

上から見たときが気になる方は、ご参考までに。

時折、『つまみ』と呼ばれる不格好なヒレの個体もおります。

 

横から見た尾鰭の角度がみんな違います。

地面と平行であれば、上から見た時に美しい蝶々が現れます。泳ぐたびに羽ばたくシルエットは妙にリアルで上手いネーミングに心惹かれます。

尾の付け根を『尾筒(おづつ)』と呼びますが、そこが太いと力が伝わり綺麗になびきますね。

口紅模様も可愛らしい!

 

◆蝶尾の混泳は注意します。

泳ぎの速い金魚と一緒にすると、尾ヒレが裂けてしまう原因となります。

(大きな尾ヒレは本種の特徴です)

多少の裂けは自然治癒しますが、深く裂けてしまうと変に残ってしまうこともあります。

琉金や出目金、オランダ獅子頭、らんちゅうといった丸型の金魚との場合は可能ですが、蝶尾と同等か小さな個体と混ぜた方が安心です。

丸型金魚の中でも、さらに動作のゆっくりしている蝶尾なので、ちょっかいを出された時に、振り払って逃げるのが下手です。

初めから、蝶尾が優位になるような環境や、体力のある大きめの個体を選ぶと良いでしょう。

もしくは、同種のみの混泳ですね。

気温の上昇する春からは繁殖シーズンに入ります。

蝶尾に限らずオスはメスを追い回すため、過剰な場合はセパレーターや、産卵ボックスを利用して避難させてあげると良いでしょう。

観察ポイントですね!

ではでは(^^)

 

◆虎出目金はこのような感じです。

◆国産虎出目金(トラ デメキン)の飼育・混泳に『色が抜ける』の対処法とは。別名レッサーパンダ出目金です。【目次】→エサ→水質→水温→通販→流通→価格帯

◆国産 虎出目金(こくさん とら でめきん)薩摩養魚場 赤色×黒色のデメキンです。 別名レッサーパンダ出目金とも呼ばれています。 人気の白黒パンダ出目金に寄せた感がありますが、まずは知ってもらえること ...

続きを見る

てすと1

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

-◆金魚について◆, ◇出目金 -デメキン-, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草
-

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.