◆錦鯉 入荷シリーズ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

錦鯉入荷part7 『キメ』は錦鯉の重要なポイント?!

投稿日:2017年9月10日 更新日:

五色(ごしき)

『五色』は『浅黄(あさぎ)』と『大正三色』から生まれた品種です。

重なり合う独特の色が魅力です。合間に顔出す青色も良いですね。

成長とともに色の変化も楽しみな品種です。

『衣』と似ますが、浅黄系の地肌のものを『五色』、白地系を『衣』と判別します。

 

 

金昭和(きんしょうわ)

『黄金系』と『昭和三色』から生まれた品種です。

赤色をを持つ個体は少なく、多くはオレンジや黄色の濃淡が現れます。

よく見れば金色・オレンジ・黄色のグラデーションが表情を見せます。

光沢のある地肌に各色が気持ちよくのります。

 

 

ドイツ紅白(こうはく)

人気紅白のドイツタイプです。鱗を通さずに地肌の色が見えるためキメ(赤色と白色の境目)がスッキリと見えます。写真は鱗(うろこ)を持たない『鞄タイプ』・・・ちょっと牛っぽいです。

大判の鱗(うろこ)を残す『石垣タイプ』『鏡タイプ』タイプもいます。

 

 

ヒレ長・ドイツ大正三色(たいしょうさんしょく)

ヒレが伸びるタイプの錦鯉で優雅さがあります。

よく見かけるのは『光物』と呼ばれる無地のタイプになり定番の人気品種。

また、写真のような『色付き』と呼ばれるタイプは見かける回数が少なく、さらに人気です。

赤・白・黒のキメがはっきり見えるドイツ大正三色は見ごたえがあります。

 

てすと1

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

-◆錦鯉 入荷シリーズ, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草
-,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.