◆治療シリーズ

治療part8 アミメウナギ後編。粉薬はどう測る?水換えタイミングとエサの量は?

投稿日:2017年7月26日 更新日:

その場での粉薬の測り方

家に0.1g単位で顆粒物を測れる道具は普通ありません。

その場で測る方法としては、

①一度、厚手のビニール袋のうえに中身をすべて出します。

(顆粒物が滑りやすいモノがよいです。小皿とかアルミホイルなど)

②次に目測で別けます。

(道具は折った紙を使いました。名刺のような大きさイメージ。)

 

今回は1袋2g入のグリーンFゴールド顆粒を使っています。

なので半分にすると1g。

さらに4当分すれば0.25gになります。

分けた後はラップに包むなどして保存しておくと

次回使うときに量がわかります。

早ければ3日後あたりに再度使用します。

 

 

 

粉薬は溶けづらい

飼育水を入れた容器で先に溶かします。

実際にやってみると溶けにくさがよくわかります。

ダマがなくなるまでゆっくりかき混ぜましょう。

 

 

グリーンFゴールド顆粒の規定量は32~40ℓに対して1gです。

古代魚に合わせて計算すると64~80ℓ分になります。

今回は水量『62ℓ』ですから、1g使用しました。

 

 

↑先に塩分濃度を0.3%に調整しました。

これも溶かしてから入れるべきでした(・・;)

治療スタートです。

 

 

 

治療開始から4日経過

残念ながら3匹中1匹は★になってしまいました。

残りの2匹の身体からはマクロギロダクチルスは姿を消し

病気の進行は止まった模様です。

もっと長引くときはありますが、

ニョロニョロの数が進行具合の目安になります。

↑ちなみに写っている子は生きてます。

ちょうど腹を見せて泳いでいる。

やはり動きが本調子ではありません。

 

ここで半分水換え。

0.5gのグリーンFゴールド顆粒を追加しました。

餌は毎日1回。

溶かした冷凍赤虫をスポイトで与えます。

散らばらないように静かに落としておきます。

エサを発見するのに時間がかかりますが、

見つけたら1分で食べきる量を与えます。

赤虫1ブロック分は与えていません。

 

 

 

さらに4日経過(治療開始から8日目)で治療完了。

病状は見られません。

泳ぐ姿も元気をとりもどし完治したと判断しました。

さっそく半分水換えを行い

薬の追加は行いません。

エサは通常量に戻しました。

 

薬に弱い古代魚やナマズですが、

使わなくてはならないケースもあります。

あきらめずに治療してみましょう。

失敗しても経験になります。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(熱帯魚)アミメウナギ(1匹)
価格:3300円(税込、送料別) (2017/7/26時点)

 

 

 

治療part7 アミメウナギに寄生虫発見。薬品に弱い魚の治療方法とは。

寄生虫の正体と特徴とは ポリプテルスの仲間や近縁のアミメウナギのみ寄生する、 マクロギロダクチルスという単生類がいます。 小さくて半透明なシャクトリムシのような生物で、 ムーミンに出てくるニョロニョロ ...

続きを見る

 

◆ポリプテルス・ローウェイに寄生虫が・・・

◇『sakanaの日常』ポリプテルス・ローウェーに寄生虫。ポリプティ再び。

↑ポリプテルス・ローウェー どうもです。 またまたまた・・・ ポリプテルスに寄生虫が現れました。 定期的に発生してしまいます。   これは現在の飼育環境の問題ではなく、『感染してる個体が入っ ...

続きを見る

てすと1

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

-◆治療シリーズ
-,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.