未分類

金魚の色。すあか?キャリコ?独特な言い回し。

投稿日:2017年2月21日 更新日:

歴史がある金魚は多く品種が産まれ、色彩に独特の呼び名が付いた。
素赤、更紗、キャリコの3大カラー


⬆︎写真 素赤(すあか)
素赤(すあか)は金魚らしく全身がオレンジ〜赤の一色である。

 


⬆︎写真 更紗(サラサ)
紅白と呼びたいところだが、こちらは素赤+白色の2色で更紗(サラサ)と呼ぶ。

 


⬆︎写真 キャリコ〈琉金〉イメージ
赤+白+黒の3色になるとキャリコと呼ぶ。

※例外もある。キャリコ色のオランダ体型は東錦(アズマニシキ)という。

粋な名前も付いている

 


⬆︎写真 桜琉金イメージ
透明なウロコに光る銀鱗を持つ桜(さくら)

⬆︎写真 虎琉金イメージ
素赤+黒は虎(トラ)の名が付く。

⬆︎写真 黒琉金イメージ
ちなみに黒色は黒(くろ)そのままだ。
例外もあるが、多くがこの色彩名を基調として名前に反映される。
〇〇和金、〇〇琉金、〇〇デメキン、〇〇オランダ、〇〇ランチュウ、〇〇ピンポンパール…
『色彩』+『体型』で名前となっている。

浸し見やすい名前は覚えられやすい。
覚えられやすいと人気が出る。

てすと1

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

-未分類
-

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.