【sakanaの日常】

◇『sakanaの日常』パッキングの袋で魚を長期間管理する方法とは。

投稿日:

どうもです!^_^

このように袋に魚を入れることをパッキングと言います。

熱帯魚を購入した事がある方ならば、お馴染みですね。このパッキングは短時間の移動目的のものです。なるべく早く自宅の水槽へ移す方が熱帯魚のダメージが少なくなります。移動中の揺れも良くありませんが、水温変化のダメージは大きいので気をつけましょう。

 

逆にパッキングでどれだけ長く管理出来るのか?というとお店ならではの方法があります…

 

『リパック』と言って、もう一度パッキングし直すことがあります。袋の水を入れ換えて、新しい酸素を注入します。どうしても喧嘩が酷くて、入れる水槽がすぐに準備出来ない時などは、こうする事で、パッキング管理が可能です。

しかし、魚のコンディションが上がるものではないので、やはりその場しのぎと言った所です。購入後は、なるべく早く持ち帰り、しっかり水合わせして入れてあげましょう。

 

「こんなこともしているよ」というお話でした。

それでは!

てすと1

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

-【sakanaの日常】

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.