◆錦鯉について◆ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆【水槽で飼育する錦鯉たち】赤色を持つ錦鯉は、何がいますか?いろいろな品種の混泳を楽しもう。

投稿日:

◆紅白(こうはく)

錦鯉の王道の品種ですね。

流通量も多いので、好みの配色を探しも楽しいものです。

ウロコに特徴を持つドイツ紅白もいます。

鞄鯉(ウロコを持たない)タイプは、キメ(赤色と白色の境目)がよく見えます。

鏡鯉・石垣鯉(大判のウロコが残る)タイプは、横から見る水槽飼育では、魅力的な特徴です。

王道の錦鯉(普通のウロコ)タイプと、好みで選ぶと良いでしょう。

↑ドイツ紅白

ウロコの違いが水槽飼育では分かりやすいです。

 

 

◆大正三色,昭和三色(たいしょうさんしょく、しょうわさんしょく)

↑大正三色

王道の錦鯉感がありますね。

 

↑昭和三色

墨が薄く乗りますが、これも味がある。

 

赤白黒の三色を持つ錦鯉です。

流通量も多く3色入るバリエーションも豊富です。

水槽飼育で楽しまれる個体においては、大正三色は墨(黒色)が濃くのり、昭和三色は薄くのります。

成長と共に墨が増えていく傾向はありますが、一概には言えません。

模様の移り変わりと共に成長を楽しむと良いでしょう。

 

↑腹側から白色、赤色、黒色の配色を持つ大正三色。

水槽ならではの魅力があります。

 

 

 

◆衣(ころも)

上記の大正三色・昭和三色ににますが、こちらは赤色の上に墨がのるという色彩を持ちます。

第一印象は、メリハリがなく黒ずんだように伺えますが、その理由が名前の由来です。

その名の通り、衣を羽織るように、白地に赤と黒色を羽織ります。

近くから観察できる分、色の重なり具合に味を感じます。

 

 

◆赤べっ甲、緋写り(あかべっこう、ひうつり)

↑ドイツ赤べっ甲です。

 

赤色と黒色の錦鯉です。

メリハリのある彩りで、目を引きます。

水槽で楽しむ場合は、2種(べっ甲と写り)の特徴的な違いは出づらく(良質な個体は品評会などに利用されると思われます)、墨の入り方などの定義はあまり役立ちません。

むしろ、自分の水槽に入れたい個体を、自由に選び楽しむと良いでしょう。

 

 

◆ヒレ長鯉(ひれながごい)

ヒレが長く伸びるタイプは、上見(池など上から見る)よりも、横から見る水槽飼育で魅力を発揮します。

逆にヒレが裂けたりするのも目立ちますので、丁寧に扱いましょう。

多少の傷は再生しますが、破損が悪化する時は、尾腐れ病なども疑います。

 

 

水槽飼育では表記S~SMサイズほどの大きさの個体を探すことがポイントです。

すでに大きな錦鯉を小さくすることはできませんからね。

ご自宅の水槽をイメージしながら、集めていくと楽しいものです。

ではでは(^^)

てすと1

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

-◆錦鯉について◆, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.