◆熱帯魚について◆ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆アベニーパファーとコリドラスは一緒に飼えない。どうにか混泳する方法は?!

投稿日:

◆アベニーパファーとコリドラスは一緒に飼えない?

基本的には一緒に飼育すると、コリドラスがヒレを齧られてしまいます。

すぐに致命傷とはなりませんが、ボロボロとなってしまったり、弱ってしまう原因となります。

視覚の弱いコリドラスは、アベニーの接近に気づきづらいんですね。

行動にも異変が出てきます・・・

本来は、地面を泳ぐはずですが、水底でのんびり過ごしているとアベニーパファーからチョッカイを出されるため、不自然に水槽角の水面付近にやってくるようになります。

そうなると、既にヒレに齧られた傷跡があるでしょう。

 

 

◆混泳の成功例とは

『絶対にダメか?!』というと、そうでもありません。

上手に混泳されているパターンも、少ないですがあります。

混泳成功率を上げるための方法としては、

「アベニーパファーの餌が豊富である」

「コリドラスとあまり遭遇しない環境である」

こうすると被害はかなり低くなります。

あまり遭遇しない為には、隠れ家になるような場所が多く、水槽が広いこと。

またアベニーパファーは少ない方が良いですね。

水草が多く入ったレイアウト水槽などでは、上手く混泳されている姿があります。

 

 

◆”止まる魚”は標的になりやすい

小型のテトラやコイなどの泳ぎの俊敏な魚とアベニーパファーは混泳しやすいです。

絶対ではありませんが、被害は少なめです。

中型・大型の魚がアベニーパファーを食べると、毒で★になってしまうので、そちらも注意します。

視覚の弱いナマズの仲間でとくに、

コリドラス、オトシンクルス、プレコなど標的になりやすいので相性の悪い混泳になります。

グッピーのヒラヒラした尾びれも齧りたくなるのでご用心。

 

 

◆比較的に一緒に飼える熱帯魚リスト

 

ラスボラ・ヘテロモルファ

小型のコイの仲間は泳ぎが俊敏です。

比較的安全な組み合わせです。

 

 

↑グリーンネオンテトラ

↑カージナルテトラ

↑ゴールデンテトラ

同じく小型で動きが俊敏なテトラ系です。

ブラックファントムなど、大きなヒレを持つタイプは、ちょっと齧られる可能性が上がります。

 

 

↑クラウンローチ

底モノで一緒に飼うならば、泳ぎの俊敏な『ローチ系』を探すと良いです。

コリドラスと違い、視力も良いので、アベニーパファーの接近にも早く気づきます。

 

◆小さな水槽の世界です

飼育する魚には、なるべくストレスが無い環境を目指すと良いでしょう。

混泳を始めて最初のうちは、警戒心なども働き上手く共存しているように見えます。

しだいに時間が経過し、慣れてた頃にアクシデントが起こることがあります。

異変に気づいたら、何が問題なのか観察してみましょう。

ではでは(^^)

てすと1

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

-◆熱帯魚について◆, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.