茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆販売水槽の秘密とは??だから『お魚』たくさん入っています。オーバーフロー水槽のチカラ。

投稿日:

■オーバーフローシステムで動いています。

あまり聞き馴染みのない名前だと思いますが、水族館や大型水槽では多くがこのシステムで管理されています。

水槽の下に、もう一つ水槽を設置して、ここを濾過槽として使う加工がされています。

構造が一般的なフィルターよりも複雑になってしまうのがデメリットです。

 

◆全ての水槽を一つにまとめるシステム

配管で各水槽が繋がっているので、水量がたっぷり入ります。

60cm水槽ならば、約60リットルですが、

ここでは9本の水槽を繋げらるので、

『9×60として540リットル』+『濾過槽』と大容量で管理できます。

水量が多いと水質が安定しやすくなります。

 

 

◆ろ過槽がバカでかい

オーバーフローの大きなろ過槽・・・

ただ大きいだけでは宝の持ち腐れとなっていまいます。

しっかりと『ろ材』を敷き詰めて、ウールマットをセットしてあります。

たっぷり揃えるとお金もかかってしまいますが、それだけの価値がありますね。

バクテリアは水槽の生命線です。

バクテリアを上手く飼えれば、魚も上手く飼えます。

 

 

◆ブロワーを導入でバクテリアを活性させる

バクテリアの増殖を促すために、エアレーションも行っています。

バクテリアはアンモニアなどの分解をしてくれますが、増やすには『酸素』が効率的です。

ブクブクと酸素を豊富に与えることで、好気バクテリアと呼ばれる仲間を増やしています。

いろりろ工夫も出来るのが、オーバーフロー水槽の良い所ですね。

※ブロワーとはエアポンプの巨大なヤツです↓

 

 

◆リスクもある

水槽が繋がっているということは、どこかで病気が出た時には全体に広がってしまいます。

『病気が伝染る』のは、とても厄介です。

その予防のために、一つ一つが隔離できる構造になっています。

水槽ごとに集中して治療することもできますし、

逆に繋げてしまえば、一度に全体をトリートメントもできます。

使いようですね。

 

 

◆管理には一癖あるが

使い慣れると、高性能なオーバーフロー水槽です。

自宅用のセットも販売されています。

存在を知っていることも知識のひとつです。

ではでは(^^)

※画像クリックすれば詳細分かります。

てすと1

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

-茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.