◆金魚について◆ ◇『ウチの金魚たち』シリーズ 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草

◆『フナ』と『金魚』の掛け合わせ??ブランド金魚に付く名前。

投稿日:2017年9月11日 更新日:

鮒金(ふなきん)

眼が真っ黒なのは、鱗が透明だからです。

よくよくみると、体内が透けていますね。

 

その名の通り、『鮒』と『金魚』の掛け合わせです。

元々、フナの突然変異から生まれた金魚ですから、間の子が生まれることは不思議ではありません。

 

ただの雑種かというと、そうでもありません。

フナ同士、金魚同士では出ない『顔立ち』『鱗(うろこ)』『色彩』などから『変わり金魚』として楽しめる個性が現れます。

飼育方法も金魚に準じて簡単で丈夫です。もちろん混泳も可能。

 

ちなみに、金魚好きに知られる『杭全鮒金(くいたふなきん)』という品種がおります。

ブランドのようなものなので、

『ナイキのスニーカー』ならぬ、

『杭全(くいた)の鮒金』というところです。

 

『鮒』×『金魚』のハイブリッドですが、より厳選され複雑に何代も積み重ねられて生まれた素敵な金魚。

作出者ではなく、周りの金魚好きが命名し広めたという魚は、親の名前を背負い今後も引き継がれていくのですね。

 

話がそれましたが、ただの雑種かと思って見るのと、興味を持って見てみるのとでは見え方が変わってきますね。

好きな金魚を好きなように飼うのは共感します。

↑とても金魚っぽい個体。背中の銀鱗(ぎんりん)が光を反射しています。

 

銀河鮒(ぎんがぶな)

幼い個体は地味ですね。笑

鮒金に引き続き、丈夫で混泳も可能です。

 

フナの改良品種です。

鱗(うろこ)に特徴を持つフナ同士を掛け合わせており、

透明な鱗の中に、輝く鱗が混ざりキラキラとしてきます。

 

光る鱗は銀鱗(ぎんりん)と呼び、入り方には個体差があります。

銀河と言うだけあって、より多く綺麗に反射する個体が好まれ、

見事な個体はビーズで仕立てたようにピカピカさせながら泳ぎます。

 

また、透明な鱗は光の当たり具合でオリーブ色のような独特の味わいが出ます。

「なんだフナかぁ。」と見過ごすのは、もったいないですね。

ではでは(^^)

◆違いに気づくと深まる杭全鮒金(くいたふなきん)。徐々にきている駄金とは?!【金魚】

杭全鮒金(くいたふなきん) 去年から何度か仕入れています。一部でしか目にされなかった珍し品種ですが徐々に浸透してきている存在に。 とある金魚愛好家が作出したという特殊な金魚(フナ?)は、どのような普通 ...

続きを見る

◆『観賞魚引き取りシステム』を知っていますか??熱帯魚や錦鯉など飼いきれなくなった魚をどうするのか。

『観賞魚引き取りシステム』 知ってましたか? 日本観賞魚振興事業協同組合(jOFa)より… 本来、その場に生息しえない生物を投棄することによって、在来種に悪影響を及ぼすばかりでは無く、自然界の生態系を ...

続きを見る

てすと1

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

-◆金魚について◆, ◇『ウチの金魚たち』シリーズ, 茨城県 神栖市 鹿嶋市 アクアリウム 熱帯魚 金魚 水草
-, , ,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.