【sakanaの日常】 【お魚の診療所】 治療や病気関係の記事

◇『sakanaの日常』ちょっと気にして使い分ける『塩水浴』と『塩分濃度調整』

投稿日:

どうもです!

塩水浴と塩分濃度調整・・・

ちょっと気にして使い分けています。

塩水浴(えんすいよく)とは、0.3%など塩分濃度の調整する時にも使う言葉ですが、類似語に『淡水浴=たんすいよく』が存在します。

こちらは、海水魚を純淡水(真水)に入れる治療法なのですが・・・

 

この逆で、

・高濃度の塩水に一時的に熱帯魚や金魚を入れること

・0.3%に調整した水に一時的(秒~分単位)に入れてメイン水槽に戻す方法

『塩水浴してます』と表現される場合があります。

 

効果はいかほどなんでしょうか…

免許も資格もないので、治れば正解のような部分もありますがw

ちょっとリスクを感じるので、とくにお勧めはしていません。

 

なので、水槽に塩を入れて0.3%~0.5%に調整することに限定したいので『塩分濃度調整』という言葉を使っています。

「どっちの言葉があっている」というよりも、内容が間違わずに伝われば良いと思っています。

漢字ばっかりで少し嫌ですがw

それでは!

てすと1

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

-【sakanaの日常】, 【お魚の診療所】 治療や病気関係の記事

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.