◆グッズ・器材について◆ 日常管理の話

◆『メダカをもらったので、ビンで飼育したい』ご要望にお答えしました。

投稿日:2017年7月30日 更新日:

まずは、『入れ物』選びです。

なるべく大きな器を選ぶと良いです。

水量が多いほど、水は安定し病気などのアクシデントを予防できます。

 

気に入った器が小さなときは、

入れる魚の数を少なくしましょう。

 

目安としては、

メダカ『1匹』に対して『1ℓ』ですが、

・・・フィルターが無いので、できれば『2ℓ』あると良い。

 

 

次に、底材と水草を選びましょう。

①『ソイル』

土を焼き固めたモノでおすすめです。

ソイルは洗うと崩れて、

土ぼこりとなり水が濁ります。

雑に扱わないようにしましょう。

メダカが土をモグモグしている姿は

可愛らしいです。

 

②『砂利系』

部屋のどこに置くのか?

などイメージして色が選べます。

白くて綺麗なサンゴ砂ですが、

メダカにはちょっとキツイので避けましょう。

水質を好みません。

白系、茶色系、黒系、カラーサンドなど

ございます。

 

『ソイル』にも『砂利』にも

バクテリアが住むようになります。

このバクテリアを上手く増やすことで

水質はより安定します。

 

③『何も敷かない』のもアリです。

マルッと洗えてしまうのが嬉しいですね。

水草を植える事はできないため、

流木付き水草を選ぶと良いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(水草)アヌビアスナナ プチ&ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ付 流木 SSサイズ(1個)(約10cm)
価格:1545円(税込、送料別) (2017/7/30時点)

 

 

④ビー玉・カラーサンドなども夏らしくて良いですね。

ビー玉は隙間にエサが落ちてしまうと、

水質が悪化するので注意します。

また白色はコケを発生させやすいです。

 

 

【水草】

『アナカリス』

『カボンバ』

『マツモ』

などがオススメです。

通称『きんぎょ草』は昔から浸しまれている

丈夫な水草です。

過去に書いた『アナカリス&カボンバ比較』記事です↓

アナカリスとカボンバ。どちらも金魚草だが、どちらを選ぶ?

 

 

水温と水質を意識して上手に飼育。

上手く管理するコツは、

『水温』と『水質』管理です。

 

『水温管理』は置く場所に注意しましょう。

直射日光はNGです!

エアコンが当たる場所も避けて

水温の上下の変化がなるべく少ない所を

選びましょう。

 

『水質管理』

こまめな水換えが良い方法です。

フィルターが付いていないため、

古い水を捨て、新しい水を加えることで補います。

 

ソイルの時にも触れましたが、

『バクテリア』という生物が

水質安定をしてくれます。

そのポイントを付いた商品も

販売されていますので

使ってあげると水質向上につながります。

つづく・・・

 

◆『メダカをもらったので、ビンで飼育したい』よくある5つの質問に回答。

1.水草がすぐに枯れてしまう。 『光と水温を見直して見ましょう。』 『ホテイ草』は丈夫さと繁殖力の強さが有名ですが、 強い光の当たらない室内ではあっけなく枯れます。   『金魚草』も暗すぎる ...

続きを見る

てすと1

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

-◆グッズ・器材について◆, 日常管理の話
-,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.