日常管理の話

◆【治療・病気】転覆病??消化不良で金魚が浮いてしまったら冷凍赤虫で治してみる。

投稿日:2017年6月28日 更新日:

以外と多い転覆病(てんぷくびょう)

金魚が浮いてしまって悩んでいる人は多いです。

「ピンポンパールがずーっと浮いてしまっている」

「コメットが時々浮かんで上手く泳げないが、しばらくすると元に戻る」

など店頭でコンスタントに相談されていますが、どちらにせよ正常な状態ではありませんよね・・・。

 

 

病気の原因は1つではない

原因はいくつか考えられており、消化不良であったり病原菌が体内に入ってしまったりと言われます。

浮き袋の調整なのか、平衡感覚の問題なのかそれ以外なのか…。

原因不明、治療不明と紹介されるのは転覆症状の複雑な原因があり、簡単に説明ができないからではないでしょうか。

共通点は飼育途中から症状が出てしまったということです。

管理する側に何か改善点はないか頭をリセットして考えてみる良い機会だと思います。

 

まず試したい食事療法・予防を忘れない

転覆症状ですが、実はただの消化不良のケースも多いです。

(古いエサ、与え過ぎ、低温に気をつけましょう)

消化を促すために代謝を上げるには“塩“を加える事や、温度を安定させることも良いですね。

金魚が浮いてしまったら、3日程絶食させます。

お腹の中を空っぽにしてもらいます。

そののち、冷凍赤虫を主食として与えてみましょう。

人工飼料に比べて消化が良いからです。

それで治れば、消化不良による転覆だったということですね。

 

※雨が降った後は気温も下がりやすく、常温管理(ヒーター未使用)の場合は水温が下がります。不安定な水温が消化不良の引き金となっているかもしれません。

※ずっーと冷凍赤虫は高くて大変だな、という方も金魚の様子や気温を気にして人工飼料と併用しながら使っていくと良いと思います。

 

 

冷凍赤虫の選び方

冷凍赤虫はインターネットなどで探せば以外と種類があります。ホームセンターなどではキョーリンさんの赤虫が多い気がします。

【安価な冷凍赤虫】

安さは魅力です。まとめ買いで更に安く手に入るパターンも有ります。

冷凍赤虫のリスクの一つに細菌が言われます。

エロモナス菌などは冷凍されても生きており、給餌時に水中に混入して悪さをする可能性があるからです。

製造時の殺菌処理のクオリティは販売価格に繁栄されてきます。

また、新鮮に見せるため赤色の着色剤を使用している事も有りパッケージに記載されております。

 

【UV赤虫(キョーリン)】

こちらは、紫外線での強力殺菌と超急速冷凍を行なっている事が売りの商品です。

やはり比べて値段は上がりますが安心度は上がります。

まず試してみたい方はこちらがオススメです。

 

【クリーン赤虫(キョーリン)】

更に入念に殺菌&ビタミン添加されたクリーンシリーズが有ります。

比べて高価にはなりますが、犬ちゃん、猫ちゃんに比べたらたいぜんぜん。

せっかくなら良い物を与えたいという指示がありますね。

このシリーズには品質向上されたイトミミズやブラインシュリンプなども有りますよ。

クリーン処理の詳しい紹介です↓

http://www.kyorin-net.co.jp/topics/to06.html

お魚にあったご飯を選んであげましょう!

ではでは!(^^)

◆転覆病の予防と治し方とは・・・

◆金魚の転覆病(てんぷくびょう)の治し方。薬は使わず治療と予防をする。なりやすい金魚とは。

◆転覆(てんぷく)の多くの原因は、消化不良です。 転覆病の原因には、細菌による「平衡感覚不全」や「浮き袋の調整ができない」などと言われますが、多くの場合は『消化不良』である事が多いです。 その消化不良 ...

続きを見る

 

◆魚に合わせたフードを選ぶ。食べやすいのか?行き渡っているのか??喜ぶエサの選び方。

実は万能『プレコフード』 一般的な熱帯魚(グッピー、ネオンテトラ、コリドラス、)エビ、貝、金魚、メダカ、ドジョウに川魚と、かなりの魚種がこのプレコフードをよく食べます。 もちろん、オトシンクルスやプレ ...

続きを見る

◆『冷凍赤虫』を浮かべるだけで嗜好性アップする?!給餌テクニックで魚の健康を保ちましょう。

食べたり食べなかったり… お魚にとっての死活問題です。 普通に食べてくれるようになると、当たり前になってしまいますが、実は有り難いことなんです。 ノーザンバラムンディ のベビーです。 小さくてエサが限 ...

続きを見る

◆熱帯魚移動の失敗。袋のなかでエサを戻してしまうと、危険な状態に。迅速な水合わせを。

魚を買ったら、水槽に入れる前にお願いするのが水合わせ。 みんなやりますよね。 稀にテキトーにやらざるえない時が…。 オキシドラス到着したら… …ん? ブラックウォーター?? いやいや。 袋の中で吐き戻 ...

続きを見る

巨大〇〇には、こう戦う!!

巨大流木たちです。 なかなか面白い形も。 このシリーズは安くてデカイ! でも、 でも、 巨大流木のデメリットになるのが、 『アク抜き』 ですね。 奴らは、 なかなか抜けないんですよ。 むしろ、 アク抜 ...

続きを見る

てすと1

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

-日常管理の話
-,

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.