未分類

水槽に生えたコケを除去するために専用道具は欠かせない。

投稿日:2017年3月3日 更新日:

数多くの水槽が並ぶ熱帯魚ショップ。この水槽群のコケ取りには時間がかかるが、優秀なスタッフほど時間をかけずに多くの水槽を綺麗にしていく。そこにはどのような知恵があるのだろうか。1つは使う道具にこだわりがある。別に特殊な物は使っていない、むしろ市販のコケ取りグッズを使っているだけだ。経験から導き出した最適な道具の選択を繰り返しているのだ。

⬆︎写真 ガラス磨きスポンジ(コトブキ工芸社)

水槽面に付いた落ちやすいコケにはこれで落とす。目には見えないが触るとぬるぬるしている事があるが、これは発生寸前のコケなのだ。この段階にササッと落としてしまうのが手っ取り早い。前倒しで掃除してしまうのだ。コツとしては目視ではなく手触りでおこなっている。全体をなぞるように擦りぬるぬるを無くすようにする。

⬆︎写真 ビックリスポンジ(マツダ社)

スポンジでは落ちにくいコケにはこれだ!研磨作用でよく取れる。100円ショップなどでも似た商品が販売されているが熱帯魚が生きる水中で使うので専用商品が安心だ。水槽の傷に入り込んだコケもガジガジ落とせる。上記スポンジよりもケタ違いに楽だ。

⬆︎写真 スクレーパー(フレックス社)

さらに硬い頑固なコケにはこれで一気に削り取る。三角定規でも落ちるが専用商品には敵わない。ガラス面に出来る深緑色のコケはしつこい事が多い。pHが高い水槽でカルシウムなどを吸収したコケは頑固になる。そんな時はこいつでガリガリと攻めていく。また底砂との境目も掃除しやすいこと、ボディーが白く緑色のコケが目視しやすいこともポイントが高い。長く使うと角が落ち除去能力が低下するので買い換えをお勧めする。

このように、コケに合わせて道具を使い分けて綺麗な水槽を維持している。コケ取り達人には知恵がある。

◆硬いコケ(スポット状)の除去&対策はこうしています。早い!!簡単に掃除する方法。

コケも生きてます。 水質とかで、 いろんな種類や特徴が現れます。   僕が嫌いなのはコイツ。 硬くてしつこい。 全然取れなくて、 水槽掃除で足止めされます。 「進まねー!!」って。 このコケ ...

続きを見る

◆コケが生えて、水槽が緑で困っている・・・水槽を直射日光から守る5つのアイテム!!

『水槽が緑になってしまった・・・』 という、ご相談をよく受けます。 お話を伺うと、『太陽光』が当たってしまっているいるケースがとても多いです。 直射日光の力はすごくて、あっという間に水槽をコケで緑にし ...

続きを見る

てすと1

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

-未分類
-

Copyright© sakana-tachihara.com  ~水槽で飼える生き物たち~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.